2006年06月27日

月刊関テレ批評曰くブスは身体障害扱い

あれ昨日更新したのに更新されてない・・・
まあええわ

昨日はほんとひさびさに見る番組なかったわけじゃないけど
テレビみなかったな
ブックオフで買ってきた数の歴史を読む

おまえら興奮しすぎや
1151258955_gvnx.jpg

うしろの人らは関ロ住人?
up30129.jpg動物は数を数えるか

ある種の蜂は5と10を区別することができる。
メスの卵の穴にはえさを10匹いれ、オスの卵の穴には5匹入れる。
またチンパンジーは一列に並んだ奇数個の物の中から真ん中を当てることができる。
このような事実から動物は数を数えれるのか
答えは否

数を数えるということはどんな数でも数えることをできないと駄目らしい。
以前20世紀のはじめに数を数えるばかりか、ひづめをならして分数の足し算までできるウマがいたらしいが、それはウマの主人が無意識に送っていた合図を真似していただけらしい。

しかし
多くの鳥が巣に4個の卵が入っているとき、一個だけ取り出しても鳥は平気だが2個取り出すと、たいていの鳥は巣を捨ててしまう。彼らが3と2の区別をどようのうにしているのかは未だにわかっていな
(トビアス・ダンツィヒ著 数、科学の言語より)


こういうのは動物の本能なのかの 全然想像つかないわ

「友とは何か」
ピタゴラス曰く「友とはもう一人の私自身だ」
「220にとっての284、284にとっての220のようなものだ」
どちらも約数を足すとその相手の数になるという。これを親和数という
ちなみに220と284は最小の親和数と。

たしかに友とはもう一人の私自身というのに納得してしまった。
なんだかんだいって友人って結構趣味とか性格があう人たちばっかりだ
自分の場合特に。
関ロにいりびたるのも案外そういうことなのかもしれん。


posted by 関ロ住人 at 15:46 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。